北朝鮮問題を思索する日々から人生をみつめて

テレビ

毎日、テレビで北朝鮮問題について報道されいています。かねてからの拉致問題に加え、核・弾道ミサイル、すべてが本当に恐ろしい。なぜ、こんな国が国として成り立ってきているのか、私には理解できません。私は、地上の地獄が北朝鮮だと思っています。

先日、脱北者で人権活動家としても活躍するパク・ヨンミさんの本『生きるための選択 ―少女は13歳のとき、脱北することを決意して川を渡った 』を読み終わったばかりですが、正直、自分に何ができるのか、まだわからないでいます。

まずは知ることであるし、知ったなら話していくことです。そして聞いた人たち一人ひとりが、認識を持つこと、力ある人たちが結集して平和のために力を注ぐこと、そんな風にも考えますが、一つの国を変えていくことが如何に難しいか、今の報道を見ていて思い知らされます。

そんな昨日、録画していた23日の番組『奇跡体験 アンビリバボー』で、「大統領暗殺未遂事件!生き残った兵士の衝撃人生」というのを見ました。その事件が北朝鮮の軍の兵士によるものであったことから、まるで自分と関連があるかのように見てしまいました。

この実話自体、他の人では勿論歩めない人生なのと、その人生で関わるいろんな人々が、かつて犯罪者であったキム・シンジョさんの人生をつくっていることに、奇跡を感じてしまいます。

誰もが他の人では歩めない人生を歩んでいます。たとえ同じ血液型、同じ生年月日でも、同じ地域に生まれ、同じ学校に通っても、そしてたとえ同じ親から生まれたとしても、同じ人生を歩む人なんて一人もいないのです。

だから誰もが、自分だけの人生を精一杯歩むべきなのです。そう考えると、きっと私がパク・ヨンミさんと同じ境遇であっても、今の彼女のようにはならなかったでしょう。誰もが、自分にとって最善の選択をしながら生きていくのですから。

テレビや報道に取り上げられている人だけが特別なのではなく、どの人も、特別な生き方をしていると思います。そしてその生き方を通して、次に試練を乗り越える人へのお手本になれれば、人はその一生をかけて使命を果たせているのだと思うのです。

日本人拉致問題

昼間の車内を快適な空間に変身させてリフレッシュ

ドライブ

うちの1歳になる息子はお昼寝の時が本当に大変。眠いのに寝れないみたいで。だから眠そうにしてるなって思ったら車に乗せて近所をドライブ(近所ってのが大事なんです。あまり遠くに行き過ぎて車内で15分も寝れば、息子はその後は起きちゃってもう寝てはくれないんです)。5分後には寝てます。平日ドライブは最高です。

それをソーっと抱っこして玄関を開け、スタンバイしていたお布団へ…ってのを毎日繰り返しています。家から車、車から家の往復抱っこは結構体力いるけどその後2時間ほどの自由時間を手に入れれると思うと疲れなんてなんのその。頑張っている私です♪

そんな今日のこと。どうしても平日の今日にデパートに買い物に行きたくなってしまって居ても立っても居られなくなっちゃったんです。新聞に挟まってた広告で欲しかった洋服が破格の値段になったのを知ったので。そのセールは次の土日まで続くらしいけど土日は混雑するから今日行きたい…!

でも問題点も。それは息子の昼寝。恐らくいつもと同じ位の時間になったら車の中で寝てしまうでしょう。でもその時間帯はきっとデパートに居るはず。息子がミニカーで遊んでいるのを横目に無い知恵を必死で振り絞った結果、とても良い案が浮かんだんです。

何かと言うと『お昼寝自体を車で済ませる』こと。帰り道で寝ちゃって30分後家に着いて抱っこするときっと起きる。だからそのまま車内で寝せておこう、と。もちろん私も一緒ですよ(^^;)

そのためには車内は冷えるので毛布が必要。それと息子が寝ている間私が暇なので読書用の本。この2つを持って出ればもうバッチリです!そして昼過ぎ。デパートの買い物を終え、食事を済ませると目がトロンとした息子。

車に乗せるとあっという間に後部座席で爆睡していました。それをミラーで確認しながら事前に調べていた公園の駐車場へ…。その後の1時間半はまるで天国のようでした。風は冷たいけどとてもいい天気で車内はポカポカ。

騒がしい息子は爆睡しているから私は静かに読書に集中。ゆったりと時間が流れ、気持ちよすぎて眠くなってきたくらいだったけど、私まで寝るのはいくら昼間とはいえ物騒なんでそれは止めておきました(^^;)

あまりにもいい経験が出来たので来週も是非実行したいと思います。読書のお供のお菓子とコーヒーも準備したら、もう完璧ですね♪

大人になって感じた時間の経過の早さと手に入れたもの

学生小さい頃、年々時間が経つのが早くなっているように感じると親が言っていたことを最近になって実感するようになりました。学生時代は毎日が楽しくやりたいことで溢れていて、確かに時間が過ぎるのが早く感じることもありましたが、とても充実していて中身が濃いかったのでその言葉をあまり実感することはありませんでした。

しかし、大人になった今ではやりたいことよりもやらないといけないことが多い状況になり、少なくとも学生時代に考えていた大人よりも大変な生活を送っています。毎日を乗り越えるといったような考えになってしまい、色々なことをする余裕がなくなっているのだと感じています。

そして気が付くと今年も残すところ一ヵ月だけになっていて、自分でも不思議なくらいに時が経つ早さを実感しているのです。あれこれ考える暇もなく今年が終わろうとしているのですが、大人になった年末は学生の頃よりも良いなと感じる点もありました。

それはお金の面で買いたいものを自由に買えるということです。特に近年ではブラックフライデーというもの概念が日本でも出てきて多くの会社がセールを行っていますので、買いたいものが非常に手に入りやすいという状況になっています。

頑張っている自分へのご褒美として買いたいものくらいは年末に思いきって買ってしまおうと感じているのです。これまでのことを振り返りまとめてみると学生時代は部活動に打ち込んだり、友達と家で一日中遊んだりと沢山の時間という自由を持っていたんだと感じています。

それに対して大人になった今では多くの時間を失くした一方でお金を手にしたんだと感じています。大金を持っているわけではありませんが、学生時代より遥かに多く持っていることは確かですし、嬉しいことも確かです。

それでも時々、何も考えていなかったあの頃に戻れたらいいなぁと感じる瞬間があります。懐かしいと思うことができるのも幸せなことだと思うのですが、同時に戻れない寂しさも感じています。

何事も続かない夫のために私が頑張ることにしました

腹筋

1週間ほど前の夜のこと。夫が急にリビングで腹筋を始めました。自他共に認める、成長していくお腹周りがようやく気になったらしくて。私としては「やっとか」って感じでその筋トレを何気なく見ていたら何とその回数、10回。以上です!驚きすぎて声も出ない私。

お腹気にしてるなら最低でも20回はしようよ!その後に背筋とかしてもいいんじゃないかって誰しも思うと思います。しかもその後に「ふー」と一仕事も二仕事も終えた感たっぷりでビール開けて飲んでるし…。

でも、前日までは腹筋も何もせずにビール飲んでるからそれよりもいくらかはマシかな。口出ししたら口達者な夫に言い負かされそうなんで黙って見ていましたが。その翌日以降は腹筋の回数も減り続け、1週間後の今日は「0」。

そんなことだろうなあとは予想していたけど全く根気がないというか根性がないというか…。しかし、私も夫の腹筋については大きな口を叩けないのです。何故なら腹筋1回も出来ないから。

自分で言うのも何だけど夫と違って私は痩せているし、お腹も出ていないからこれ以上は細くなる必要はないとはいえ、細マッチョ自慢の私が1回も出来ないのは癪なので夫には絶対に言いません(-_-;)

誰かに足を支えてもらえば出来そうだけど生憎と我が家にいる大人は夫のみ。子供たちは小さすぎて重石にならないし。だから練習もできないのです。お腹は6つに割れているのに自分でも出来ないのが本当に不思議…。

ということで昨日からはいつもと同じような夜を迎えている我が家です。でも若干変わったところもあるんです。それは食事。今までは夫のリクエストもあって夫の前には肉ばかり。たまに野菜出して置いてても残してるって感じだったんですが、今夜からは野菜メインに変えました。

全てを変えるとブーイングが起こりそうなんで味付けだけでも若者向け(実際は中年のおじさんだけど)濃くしてあげた優しい(?)妻です(*^^*)もちろん、ちゃんとした成長期の子供達にはお肉を作っています。夫にはバレないようにお弁当にたくさん入れてあげて。

公園で子どもと一緒に走り回る日曜日。また行きたいな。

公園

家族で少し遠出をして大きな公園に行ってきました。公園の入場が無料です。大きなアスレチック等が沢山あります。網を登って行くものや、コロコロローラーの付いている滑り台、うんていの様な物や、床が揺れる所、狭い所を入ったりして前に進んでいきます。

小学校低学年までは存分に楽しむ事が出来る物が沢山あります。小さい子は1歳位から楽しめます。小さい子の為のアトラクションや小さめの滑り台、高くないアスレチック等があります。1歳半と5歳を連れていきました。

私は5歳の息子と一緒に公園の中を走り回りました。始めに目に付いた物はロープを持ち、ローラーが回って向かい側まで移動する物です。正直私も乗りたかったのですが、大人は誰も乗っていなかったので体重が支えきれないのかなと思い諦めました。

子どもは大変気に入って何度も何度も並んでは移動していました。滑り台も網を登っていくのも全て一緒に遊びました。走り回って移動をして、シーソーをしたり飛んだり跳ねたり。気が付けばあっという間に2時間経っていました。

時間は2時です。朝食が早かったので昼食がお昼を過ぎてしまいました。何かを買いに行きたかったのですが、近くのはお店もなく車を出すと駐車場代もかかるので仕方なく、今日はこれ位で止めにしました。

5歳位の子どもなら数人いれば大人が付いていかなくても楽しむ事が出来る公園でした。そのスペースを外れるとシャボン玉を持って来ている人やバトミントンをしている家族、芝生で走り回っている家族、そして又公園がありました。

家族が思う存分楽しむ事が出来る公園です。近くには室内の遊び場もあります。入場料は市が運営している事もあり、1人100円と言う低価格です。中にはトランポリンの様な物や網の遊び場等がありました。

結局はいる事がなかったのですが、モニターで外から見る事が出来ました。そこにも行こうと思っていましたが、お昼を優先したために今日は入る事が出来ませんでした。又機会があれば行こうと思います。私も運動不足を解消するかのように走り回りました。